DESIGN

HOME>紙器設計>医薬品パッケージ>添付文書内蔵カートン

添付文書内蔵カートン

パッケージの限られた表示スペースの中で、表示事項を増やすことが可能。添付文書の内容に目を通さなければ、内容品を取り出せない構造設計のため、添付文書の廃止・削減ができることで、充填工程の簡略化が見込まれる。
しかも箱は1枚もので形成されており、機械重充填可能でコストパフォーマンスにも優れている。
追加機能として、吊り下げ用フック機能を内蔵することで、吊り下げの陳列・並べての陳列いずれの店頭陳列にも対応可能となっている。

用途:保管
機能性:保管性・情報伝達性
特許:特許取得済み (PAT.)

コンテスト受賞内容

2006年 JPI日本パッケージングコンテスト
GOOD PACKAGING賞
(包装部門/医薬品・医療品包装部門賞)

2006年 APFアジア包装連盟 ASIA STAR賞