DESIGN

HOME>紙器設計>食品パッケージ>転倒防止機能内蔵パッケージ

転倒防止機能内蔵パッケージ

通常外箱に入れたままの陳列だと、商品が減ってくると倒れてしまうが、サイドに折り込み部を作ることで、数が減ってきても商品を立たせたまま販売陳列を可能にした。別仕切りを使用しない「固定仕切り一体式」であるために安価で経済性に優れている。
また、箱前面がPOPになるため販促効果も高めることができる。

用途:ディスプレイ・店頭陳列・食品包装
機能性:経済性・保管性・作業性・販促効果

コンテスト受賞内容

JPI(公益社団法人日本包装技術協会)日本パッケージングコンテスト
2015 GOOD PACKAGING 賞
(包装技術/包装アイデア賞)

箱を開けた状態